一番多いスポーツ外傷は、足関節の捻挫です。

病院でレントゲンを撮ってもらっても「骨に異常はない」「ただの捻挫だよ」で安心して終わってはいけません。

無理に使うとかえって復帰が遅れます。

軽いものでもしばらく満足にスポーツができなくなり、ひどいものでは痛みが残ったり、運動能力が落ちてしまうことがあります。

痛みが強いときは痛めた足は使わないようにします。
無理に動かせば伸びた靱帯が、ますます伸びてしまいます。

捻挫してしまったらいかに早く後遺症なくスポーツに復帰できるかが重要なポイントとなります。

後遺症を防ぐには自己ケアが重要なポイントです。

Copyright© オスグッド・スポーツ障害研究会/鹿乃子整体 , 2019 All Rights Reserved.